買い物かごをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

写経のすすめ

写経のすすめ写経の知識用具書式写経の開始修行としての写経


『写経』は一心不乱に書くことで「功徳」が得られるのです。

ご寺院の写経会に参加された人のなかには、連れ添いや(夫や妻)子どもを亡くした人などが悲しみを胸に秘め、一心不乱に書かれるような場面に遭遇することがあります。
お経は聞くより読むほうが「功徳が得られる」と言われますが『写経』も人が書写したものを眺めるのではなく、実際にご自身で書いてみることです。
それで功徳が得られるのです。上手、下手は関係ありません。ただ一心不乱に書くことが大事なのです。

般若心経にまずは挑戦してみましょう

読誦経典として広く用いられている「般若心経」二七六の文字数があり、先祖の回向や祈願の経、巡礼の際に唱えるお経として定着しています。
一行を十七文字として、ひと筆で一行を書ききるのが正式。
書き終えたら墨を足して、また一行を書いていきます。
熟練していけばできるようになりますが、上手、下手は関係なく、真心を込めて書くことが大切です。

写経会に参加された方々にご意見を頂ました

「集中できるというのが非常にいいですね」
「一時間の書写はあっと言う間に過ぎてしまいました。時を忘れる──を久々に感じました」
「共同作業ではないので、人に気遣う必要もありません」
『写経』を通して人のつながりが出来るかもしれませんし、そういうきっかけづくりにもなっています。私にとって小さなカルチャーです」
「気軽に集中できる時間をもてるのがとってもいいところです」

『写経』は認知症の改善アイテムとしてクローズアップされています

認知症の改善と防止策として、脳を活性化するのに「写経」が効果が高いという研究成果を川島隆太・東北大学教授と学研の共同研究グループが発表されています。
脳の活性化が高いほど認知症の治療や予防に効果があると『写経』は認知症の改善アイテムとしてクローズアップされています。